現在位置:Home > 企業情報 > 沿革


企業情報

沿革

1960年
テープレコーダー製造の東邦電子株式会社として創立(千代田区丸の内、杉並区天沼)株主:中道研究所、極東貿易
1962年
沖電気工業株式会社系列へ。OKIよりクロスバ交換機用ユニット、有線放送交換機等の製造を受託
1967年
主力工場を埼玉県所沢市に移転
1971年
沖無線サービスと対等合併。OKIよりUHF/VHF無線機製造を受託
1973年
埼玉県日高市に基板実装工場を開設
1976年
OKIより市町村防災行政無線の開発・製造を受託
1982年
OKIよりカードモデムの開発・製造を受託
1988年
モデム外販を開始。以降「伝送・無線の東邦電子」として事業活動を行う
1991年
新社屋完成、本社を埼玉県所沢市に移転
1997年
ISO9001・14000認証取得
1999年
沖電気工業株式会社より公共システム事業移管を受ける。株式会社沖電気コミュニケーションシステムズへ商号変更
2000年
製造部門を子会社化[東邦電子株式会社]
2004年
沖電気工業株式会社へ公共システム事業を再移管。自主事業を現在の事業分野へ構造改革
2007年
Pマーク認証取得
2010年
沖電気工業株式会社社会システム工場へ公共システム機器製造を移管。OKI-EMSグループへ
2015年
基板実装工場を埼玉県日高市から東京都青梅市へ移転
2016年
ISO13485認証取得[筋電計の設計・製造および引取り修理]
2019年
製造子会社社名変更[OKI東邦電子株式会社]
2020年
埼玉県所沢市に倉庫棟を開設

ページの先頭へ