現在位置:Home > 洗浄装置 > 洗浄装置FAQ


洗浄装置

洗浄装置FAQ

No Q A
01 洗浄に超音波を使いますか?

超音波は利用しません。
洗浄液循環式のシャワー洗浄のみで抜群の洗浄性を実現します。超音波方式は、振動子の定期的な交換が必要で維持費が高いと言われています。

02 乾燥機能はありますか? 温風乾燥機能により自動で乾燥します。(ACT100Liteは、送風乾燥です。)
03 洗浄後にリンス機能で洗浄性を高めたいのですが ACT300シリーズがリンス機能を提供できます。
04 洗浄工程・乾燥工程で外部に臭いがもれませんか? 密閉したブースの中で全ての工程を実施するため、臭いは一切漏れません。
05 クリーンルームでの使用は可能ですか? 可能です。(標準:クラス1,000以上、それ以下はご相談に応じます。)
06 特殊仕様へのカスタマイズは可能ですか? ACT200シリーズ、ACT300シリーズでは、カスタイマイズのご相談をお受けします。
07 ロール版の洗浄はできますか? 標準品はありませんが、お客様のご要望をお伺いして、お客様毎に最適なご提案を差し上げます。
08 メタルマスク版、スクリーン版以外に洗浄が可能なものはありますか? バンプ用製版、蒸着マスク、サスペンドメタル などの実績があります。
09 版を何枚か同時に洗浄できますか?

標準機は1枚洗浄です。
ただし、版サイズによっては4枚同時洗浄のカスタマイズ機を製作したことがあります。(要相談)

10 版のサイズが複数あるのですが、1台の装置で対応は可能ですか?

可能です。
大きい版サイズ対応の装置を選定していただき、小さい方の版は版枠アタッチメントおよび、洗浄エリア変更用の対物チャンバーにて対応できます。(オプション)

11 洗浄能力はどの程度でしょうか?

メタルマスク版:チップサイズ0402用開口部(理論上:0201チップまで対応可能)
スクリーン版:#640メッシュ 20µmライン

12 洗浄液は何を使用するのですか?

準水系洗浄液を使用します。
トクヤマMETELのエリーズシリーズ、ZESTRONのVIGONシリーズを推奨しております。

13 ユーザー指定の洗浄液でも良いですか?

他の洗浄液をご希望の場合には、相談が必要です。
条件として非危険物であること。また、洗浄機のシール部材など耐薬品テストを実施確認が必要があります。

14 洗浄液は、どのぐらいで交換が必要となりますか?

洗浄液メーカーの交換目安は洗浄液中のペースト濃度が2~5%で交換となっています。
ただし、ペーストの色、性質により洗浄後の仕上がりに差がでますので、あくまで目安としてください。
なお、一般的なはんだペーストの洗浄では、実績として5,000版程度交換なしで洗浄しています。

15 洗浄液は交換以外に補充の必要はありますか?

補充の必要があります。
洗浄液は1枚洗浄するごとに約35cc蒸発していきます。(版サイズによって若干異なります。)

16 洗浄液の温度は何度で洗浄しますか? 洗浄液は加温せず、常温のまま洗浄するので、ほぼ室温と同じです。
17 乾燥温度は何度ですか? メタルマスク版:常温~70℃ スクリーン版:常温~60℃ 設定可能です。
18 どのようなペースト(汚れ)を洗った実績がありますか?

・熱硬化性インク、UV硬化性インク、レジストインク
・はんだペースト(共晶、鉛フリー)、フラックス
・銀ペースト、タングステンペースト、銅ペースト、ガラスペースト
・その他ペーストも実績あり

19 どのような製品のユーザーに納めた実績がありますか? 基板実装、有機EL、液晶パネル、太陽電池、タッチパネル、特殊基板、コンデンサ、半導体基板、ガラエポ基板、インダクタ、半導体素子など
20 海外への販売実績はありますか?

あります。
中国、台湾、韓国、タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、アメリカなど

21 海外での保守体制はどうなっていますか? 販売商社の現地スタッフが対応しますが、故障率が極めて低いため稼働実績がほとんどありません。
22 標準の装置の納期はどれくらいですか? 標準機で約2.5ヶ月です。
23 洗浄テストをお願いできますか?

可能です。
版とペーストを送っていただければ、洗浄結果報告書を作成してお返しいたします。
ご来社いただき、お客様ご自身で洗浄テストをしていただく事も可能です。

24 洗浄テストは有料ですか?

当社保有の洗浄液でテストする場合には無料でお受けいたします。
洗浄液、ペーストなどは、お客様のご負担か持ち込みとなります。

25 オプションとして用意しているものは何がありますか? ドレインパン、パトランプ、液漏れセンサー、給排液ポンプなど
26 購入後の保守体制はどうなっていますか? お客様ご自身でメンテナンスをされているケースが大半ですが、ご用命があれば当社の社員を派遣する事は可能です。
27 消耗品を含めたメンテナンス作業はどのようなものがありますか? フィルター交換0.5年、パッキン交換0.5年、洗浄ホース交換1年、戻りホース交換1年、対物チャンバーパッキン交換3~5年(利用頻度、ペースによって差があります。)
28 リースの対応は可能でしょうか?

可能です。
お客様の指定のリース会社がなければ、当社のパートナーのリース会社をご利用いただきます。

ページの先頭へ